AGAは手遅れになる前にクリニックに相談を。

AGA(男性型脱毛症)とは?厄介な理由は遺伝が原因だった!

AGAは、男性が抱える悩みの中でも最も大きな問題と言ってもよいでしょう。脱毛により薄毛が目立ってくると、外見が悪く見えてしまうのはもちろん、精神的にも常に辛いと感じ続ける事になってしまいます。AGAを発症した人の多くは、外出の時に帽子を被るなどの対策を行います。しかしそれも、場所によっては外さなければなりません。そういった問題から大きなストレスが発生するため、ストレスから起こる脱毛症や、他の病気を誘発してしまう恐れすらあるのです。

しかも、AGAは遺伝によるものが大きいという研究結果が出ています。世の中には、薄毛になる人とならない人がおり、その二者の人数は、世界の男性人口と同じです。サンプルとして判断できる数が非常に多いため、その二者に大きな生活の差はないと言えるでしょう。しかし、それでも薄毛になる人はなってしまうため、AGAは環境が問題ではなく、遺伝が問題である場合が多い事の証明となっています。

また、男性の薄毛の原因として、悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの効果によるものがあります。ジヒドロテストステロンは、毛乳頭のアンドロゲンレセプターと結合する事で薄毛を作り出します。そして、ジヒドロテストステロンを抑える事によって薄毛を予防、改善する事が出来る研究結果が出ています。つまり、遺伝によって起こる薄毛の多くは、このジヒドロテストステロンが分泌されやすく、この濃度が高い体質であるかどうか、だと言えるでしょう。

そして、AGAを発症している人の多くが、前頭部だけが薄毛になっています。この理由として、アンドロゲンレセプターは側頭部や後頭部に存在しない事が挙げられます。もし、薄毛に気が付いた時に、前頭部からその薄毛が進行していたならば、AGAである事を疑ったほうが良いでしょう。

手遅れになる前に!AGAは放置すると進行する!

AGAは、毛髪が抜け始めた頃には簡単に気付くことが出来ません。人間の意識は、徐々に変化するものに対して鈍感であるため、早期の発見を行うなら、普段から注意して毛髪の状態を観察している必要があります。時間に余裕がある人は問題がありませんが、仕事などが忙しい人にはそれを簡単に行う事は難しいと言えます。

特に、AGAは加齢と共に悪化していく物です。通常、仕事は加齢とともに重要なポジションについていく物で、忙しさの度合いも上がっていきます。AGAの厄介な所は、環境的な相性の悪さとも言えるでしょう。そのため、注意をしなければ、ある程度AGAが進行してしまった状態で発見する事が多いと言えます。

しかし、AGAの放置は非常に危険です。失った毛根を取り戻すことは、基本的には難しいと考えて良いでしょう。AGAの原因である、ジヒドロテストステロンへの対策を急がなければ、手遅れになってしまう場合もあります。ジヒドロテストステロンは、遺伝だけではなく、加齢によっても増えていくホルモンです。そのため、放置すればするほどその濃度は上がっていくと言えるでしょう。

そして、一度濃度が上がってしまえば、それを下げる事は簡単ではありません。早期であれば上がることを防ぐことは出来ますし、それに合わせて毛髪を守ることも出来ます。

AGA対策を行う場合、スピードが非常に大事です。脱毛の早期発見を行う事はもちろん、そこから先の行動はスピード重視で進めていきましょう。そして、そのためには多くの情報を事前に調べておくことが重要です。AGAが進行してから情報を調べていては手遅れになりますから、あらかじめ、グッズやクリニック選び等、薄毛が始まった場合に必要な行動をメモし、それを手元に置いておくことで、いつでもスピードのあるAGA対策を始める事が出来るようにすると良いでしょう。

気になるAGAの治療方法と期間や効果は?

AGAの治療方法には数多くの種類があります。まずはAGA対策グッズです。こちらはスプレーやシャンプーなどの形態を取ることが多いと言えるでしょう。このタイプの製品は、市販されていて、入手しやすい事が特徴です。しかし、大衆向けの製品であるために、これらの製品では、AGA対策をどれだけしても有効に働かない場合があります。

そして、クチコミなどの情報収集によって効果があると判断したAGA対策グッズが効かなければ、すぐに別のに変えればよい、ともいきません。AGA対策グッズの多くは、長期間使う事で効果を発揮するものがほとんどです。そのため、使い初めのうちは目に見える効果がないため、AGA放置の原因にもなってしまいます。

次に、薬品を利用する方法もあります。代表的な物として、プロペシアやミノキシジルがあります。プロペシアは医薬品であり、医療施設での許可が必要になる製品です。そのため、この製品を利用する場合、専門医に診てもらうと良いでしょう。クリニックでの相談は、AGAでは非常に重要です。ミノキシジルは市販されている物ですが、医薬品認可を受けています。こちらは頭皮に塗るものと、タブレットで飲むタイプがあります。状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

プロペシアの場合は、その効果が発揮されるまで約半年、ミノキシジルであれば、一カ月半から数カ月と言われています。どちらも効果の大きい医薬品であるため、使用には注意が必要です。副作用も報告されていますから、AGA対策としてすぐに導入する事はやめておくと良いでしょう。医薬品は、その人の抱えている病気や体質などによって、思いもよらない副作用が発生してしまう場合があります。使用の際は、必ず専門医に診断してもらい、使っても問題がないと判断されてからにしましょう。

AGAはだと思ったら!早めにクリニックに相談を!

AGA対策と専門医は、切っても切れない関係です。効果的な治療を行うためにも、薄毛の早期発見が出来たら、まずはクリニックに行くと良いでしょう。クリニックで相談をした場合、最初はカウンセリング形式を取られる事が多いと言えます。カウンセリングでは、健康状態だけでなく、私生活や頭皮への考え方などを聞かれる場合があります。

特に、不規則な睡眠時間や、バランスの悪い食事などを行っている場合、そこからも薄毛が始まる事が理由です。AGAの多くは遺伝によるものですが、頭皮の環境が悪化しすぎた事でも起こるのです。そして、カウンセリングでは、しっかりと本当の事を話しましょう。そうする事で、その後の治療の精度も上がっていきます。相談の後で、検査も行われます。ジヒドロテストステロンの濃度などを見て、それによって効果的な判断を下してくれるでしょう。

しかし、専門のクリニックであればどこでも良い、というわけではありません。クリニック選びもAGAでは非常に重要な物です。しっかりとポイントを把握しておくことが必要です。

最初に、そのクリニックで扱っている機器を見ていくと良いでしょう。最新機器を扱っていれば、それだけ検査の精度も高くなります。

次に、評判を見ましょう。評判はAGA検査の精度が高い事の証明の一つです。これがしっかりしているクリニックならば、信頼できますし、AGAの治療にも効果的です。自宅から多少遠くても、優先的に選んでいきたい事の一つです。

また、評判を測る物差しとして、クチコミを見ることが有効です。クチコミでは、そのクリニックの内部事情を見ることが出来ます。サービスや対応が悪いと書かれている所へは、あまり行かないようにしましょう。そういったクリニックは、検査に時間がかかる事が多く、そのために手遅れになってしまう場合があります。

参考サイト・・・ANGAクリニックナビhttp://mdi-nh.org/

Copyright © AGA対策はスピードが鍵!今すぐ専門医へ相談を。 All rights reserved.